topics

4回目となる緊急事態宣言発令による葬儀の対応

東京都で7月12日から8月22日までの期間にわたって4回目となる緊急事態宣言が発令される見通しとなった。葬儀における酒類の提供は一切なしとなり、大人数での飲食も控えるように呼びかけられている。 また、沖縄県に出されている緊急事態宣言も...
topics

葬儀の少人数化が実態調査で顕著に【葬儀業界の今】

葬儀コンシェルでは、全国の男女127名にアンケートを実施し、葬儀業界における新型コロナの影響を調査しました。 全体として、葬儀をとりおこなう場合、「新型コロナにより規模の縮小は仕方なしとするものの、小規模の葬儀はとりおこないた...
topics

コロナ禍で墓参りは大幅な減少傾向に【葬儀業界の今】

全国的にコロナ禍での墓参りが減少傾向であると全国石製品共同組合が調査した「コロナ禍におけるお墓参りの現状についてのアンケート調査概要」で調査結果が公開された。 コロナ禍で墓参りに行ってない人の割合は36.1%という結果になって...
topics

コロナ禍で家族葬の費用のトラブルが多発【葬儀業界の今】

新型コロナウイルスの感染予防対策の影響で、通常小部屋で執り行われる葬儀を事前確認なしに葬儀社側が大部屋に変更したり、その影響で費用が増大して払えなくなったら高額のキャンセル料が発生した、などの費用トラブルが多発していることが関係者からの...
topics

コロナの影響により葬儀社の大多数が売上減 【葬儀業界の今】

新型コロナウイルスの世界的な流行から一年以上が過ぎようとしている。都心部ではコロナ禍以前からも売上の少ない一日葬など小規模な葬儀が行われる傾向だったが、全国的に小規模な葬儀にシフトしてきている。更に緊急事態宣言によって飲食の制限がかかり...
topics

コロナ禍での葬儀のための帰省は慎重に

ゴールデンウィークでの帰省について、政府、各都道府県知事のコメントが公表されているが、第一として葬儀は「不要不急」ではない。それは緊急事態宣言下でも同様だ。葬儀は故人との大切なお別れの場である。しかし、県外をまたぐ移動となると感染リ...